交通事故から守ってくれる「リフレクター」の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

またしても小学生が事故で亡くなる(運転手のスマホ操作が原因)、集団登校の小学生の列に車が突っ込むという痛ましい事故が続いて起きてしまいましたね…。
我が家にも小さい子どもがいますし、当店はベビー&キッズ品をメインで扱っているショップなので、大半のお客様はお子様やお孫さんがいらっしゃいます。
事件を起こした犯人に対する怒りはもちろんですが、子どもたちの安全を思うととても心配になります。

特に通学路での事故は、なんとか防げなかったものでしょうか?
路側帯を緑に塗っただけのあの道路は、どうしても安全とは思えません。
せめて通学路に指定するならばガードレールの設置を義務づける、ぐらいにしてほしいと思ってしまいます…。

また、夕方から夜間の事故も心配ですよね。
すべての学校が集団下校とは限りませんし、より交通事故のリスクが高まると言えます。

そこで、入園入学グッズとしても人気が高く、交通事故の防止にもなると言われているキーホルダータイプの「リフレクター」を思い出しました。
当店では扱っていないのですが、バラエティショップなどでは多くの可愛いリフレクターが販売されていますよね。
どのようなものを選べばいいのでしょうか。

スポンサーリンク



 

リフレクターとは反射板のことで、光ることで運転手に存在を知らせるものです。
反射板は自転車の後部や、上着の袖部分などに使われることも多く、夜道では特に有効です。

子ども用は、通園バッグやランドセルに付けるキーホルダータイプが多く、反射の効果を高めるために大き目に作られています。
小さいうちは夜間に出歩くということはあまりないでしょうが、秋冬は17時ともなれば薄暗いですよね。
小学校の3~4年生になれば、18時過ぎに学習塾に通うという子も多いでしょう。
やはり1つ持っておくと安心と言えます。

ちなみにリフレクターは、フィンランドでは夜間の歩行者に着用を義務づけているそうです。
国家規格まで設け、充分な効果が得られると判断されたリフレクターが販売されています。
また、その基準を満たしたリフレクターも日本で販売されています。
「EN規格」という記載があるものがそれにあたりますので、記載されているものを選びましょう。

その中でも特に、スウェーデン発の「グリミス」というブランドが、150種類以上のラインナップを揃えていて人気です。
ミッフィーやハローキティ、ムーミンといったおなじみのキャラクターも!
可愛いのに600円台からという手ごろさも魅力。
楽天などのショッピングモールや、公式サイトのオンラインショップでも購入できます。
 

ですが、リフレクターはあくまでも夜間に有効なものです。
冒頭に書いたような通学時の事故の防止は残念ながらできません。
また、ドライバーに問題がある場合は、いくら夜間でもリフレクターは完全に有効とは言えないですよね…。

やはり、運転免許を更新する際には基準を厳しくする、通学路の安全対策をしっかりする等、国に頑張ってほしいですね…。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

【SHOP】
ベビーとキッズの店 Kuhika|Yahoo!ショッピング店
Kuhika|BASE店

【お問い合わせ専用メールアドレス】
kuhikashop@yahoo.co.jp


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA